>

公園 > 高田屋顕彰館Top > かわらばん > わらび座「菜の花の沖」

 

「うらぁ」の声が耳に残っています。

タイムスリップして現代に蘇った嘉兵衛が、仲間の死に泣きおふさと笑う、
私たちがこれほど嘉兵衛を身近に感じたことはありません。

舞台にかける真摯さとあなた方が与えてくれた感動を、私達は忘れません。


 

神戸での最終公演の後、舞台で受け取った花束が嘉兵衛翁の墓前へ届けられた。

(2001年3月)