>

公園 > 高田屋顕彰館Top > かわらばん > カムチャツカのカヘイ峰

親愛なる高田屋嘉兵衛を愛する日本の皆様!

2006年は、ゴロヴニン副提督とリコルド提督の生誕230周年にあたりますが、 カムチャツカ 州政府は
ロシア地理学会の発案を受けて、重要な決定を下すに至りました。すなわち、ナリチェボ 自然公園内に
ある無名の山 にその三人の名前をつけるという内容です。

昨年私は、スタロジロヴォ(Старожилово)市におけるゴロヴニンのモニュメントの竣工について、
レポートを書きました。その中でロシア地理学会に、「事件を後世に伝え、ここに友好の証を刻みたい」として
カムチャツカの無名の山にゴロヴニン、リコルド、高田屋 嘉兵衛の名前を付けるよう、州政府に要請するよう
求めたのです。同様に、私はサンクト・ペテルブルグの貴族会 にレポートを書き、カムチャツカ州政府に対しても
同様の依頼文を発送致しました。「ナリチェボ自然公園」の支配人が こうした手紙を受け取り、協議の結果、園内に
ある無名の山に3人の名を付けることを決定したのです。

ナリチェボ自然公園は、1996年にUNESCO世界遺産にも登録された美しい公園です。
「カヘイ岩山(скала кахей)」はゴロヴニン山の岩〔複数〕の突起で、北緯53度34分50秒、東経158度45分23秒に
位置し、高さ は1054mあります。

高名な日本人航海家、高田屋嘉兵衛の名前がロシアの地図の上にあらわれるのは、史上はじめてのことです。

ピョートル・ゴロヴニン
2007年7月
サンクト・ペテルブルグ

  「ペトロパブロフスクカムチャツキーにおける高田屋嘉兵衛とピョートル・リコルド」像作者のマクシモヴァさんより祝辞