公園 > 高田屋顕彰館 > 過去の展示 >「環海異聞」の世界
日本人漂流民の世界周航記「環海異聞」の世界 

 陸奥国(むつのくに)牡鹿郡石巻(いしまき)(宮城県石巻市)の若宮丸一行16名は、
寛政5年(1793)11月、 石巻から江戸へ向かう途中に暴風に遭い、アリューシャン列島
の一小島に漂着。その地で ロシア人に助けられ、イルクーツクで7年間を過ごした後、
享和8年(1803)、ペテルブ ルグでアレクサンドル1世に謁見(えっけん)し、帰国を願い
出ました。許された津太夫(つだゆう)等4名は、遣日 使節レザノフ一行と共に文化元年
(1804)9月長崎に帰国しました。1年3ヶ月に及ぶその 航海において、この漂流民たちは
日本人として初めての世界周航を成し遂げました。
  異国の地で幾多の困難にも負けず生き抜き、鎖国日本から「世界」を垣間見た漂流民たちの
足跡を、本書を通してどうか追体験してください。