「世にも珍しい興味深い作品が、最近ペテルブルグより官費で刊行された。それは千島諸島の海洋調査中に、士官二人と水夫数名と共に日本人に捕らえられたロシア軍艦の艦長による、二年余に及ぶ日本での幽囚体験と観察からなる手記である。西洋人に対して、日本は二世紀にわたってその門戸を閉ざして来た。その内地で生活した著者の報告は、この注目すべき国民の風俗習慣や国民性に多くの新真実を提供することになるだろう。……」      1817年12月23日付けのタイム誌

 本書は、江戸期に通商を求めて来日したロシア使節と、鎖国を国是にそれを断った日本側双方の誤解から生じた蛮行事件が原因となって、時前後して地理調査のためにクナシリ島に来航したロシア皇帝艦のゴロヴニン艦長が、日本警備隊に捕らえられ幽囚されてから、後に高田屋嘉兵衛等の活躍で釈放され帰国するまでの2年3ヶ月に及ぶ日本での日常を克明に記録したものです。
  本書の中でゴロヴニンは、自らが囚われの身であったのにも拘らず、日本人を「世界で最も聡明な民族」であり、「勤勉で万事に長けた国民」であると好意的に評価し、それまでの「クリスチャンへ理不尽な迫害をもたらす」野蛮な国民であるというヨーロッパの否定的な日本人観を一変させました。
  同時に、日本の風俗習慣,宗教,社会,政治等を鋭く洞察したこの著者の筆の元には、日本人の「戦争観」「教育」「ユーラシア外交」など現代の私達へと連なる諸問題を通して、私達があるいは見失ってきたのかもしれない、「美しい国、日本」を考える上での原風景が描かれているようにも思います。

 本書の翻訳には1824年に刊行された英訳書を底本に、ロシア語原著を校定本として用いました。この英訳書の中には、当時の各種事情から、原著のロシア語版からは検閲削除された文章がいくつか、そのままの形で収録されております。こうした意味において、本書は既出の訳書にはない新たな光を与えるものになりました。

日本幽囚記 I ゴロヴニン艦長の手記 1811、1812及び1813年
ゴロヴニン著 斉藤智之訳 A5版 272 pp.  \1,404.-

ゴロヴニン艦長の手記
第一章 スループ艦ディアナ号の航海/航海準備/千島諸島を探検した航海家達 /
      わが測量計画 / レザノフ遣日使節/フォボストフ事件/択捉島における初めての
      日本人との接触/島の千島人 / わが客人アレクセイの話/日本側の非友好的な
      行動/国後島における日本人との会見 / 日本人の陰謀術策/拉致
第二章 残酷な捕縛法/水夫マカロフの体験/松前島へ
第三章 箱館での獄中生活 / 箱館長官との会見/フォボストフの文書
第四章 松前への移送/ 松前への到着/松前長官との会見/ 獄中生活/ 尋 問/
      日本人の心遣い/ 翻訳の苦労/アレクセイの証言
第五章 待遇の変化/ ロシア語を学ぶ貞助/松前での日々/新年/脱走計画/ムール君の
      変節/ 首都から来た測量士/散歩の許可
第六章 新居/脱獄

日本幽囚記 II ゴロヴニン艦長の手記 1811、1812及び1813年
ゴロヴニン著 斉藤智之訳 A5版 208 pp.  \864.-
ゴロヴニン艦長の手記
第七章  山中の彷徨/再び捕縛される/奉行の尋問
第八章  松前の獄舎/新しい奉行
第九章  転居/リコルド君の手紙/ムール君と和解/奉行の死/レオンザイモの証言/
       貞助の手紙
第十章  露日交渉に向けて/日本の学者達/レオンザイモへの尋問/ ムール君の
       奇妙な振る舞い/ ディアナ号再び/シマノフと海外事情/首都からの命令書
第十一章 松前最後の日々/箱館へ/太田彦助のこと/ディアナ号の到着/
        高田屋嘉兵衛/ リコルド君との会見/真に正しきことは
第十二章 日本人達の来艦/カムチャッカへ/ムール君の死
ゴロヴニン略歴
日本幽囚記 III 日本国と日本人論
ゴロヴニン著 斉藤智之訳 A5版 160 pp.  \756.-
日本回顧録
第一章 地理的状況、気候と面積 / 
第二章 日本民族の起源 /
第三章 国民性、教育と言語 /
第四章 宗教と宗教上の儀式
第五章 帝国の政治 /
第六章 法と習慣
第七章 天然物、工業と商業 /
第八章 人口と軍事力
第九章 日本に貢物をする民族と日本の植民地
賢明な和議
あとがき
主要参考文献

「日本政府は、庶民が自分達のもつ知識水準で満足し、自国の生産品を使い、海外の科学技術と共にその風習が日本に根付かないように 外国のものはどんなものでも使用を禁じた。日本の近隣の国々は、神慮が日本の立法者達にこのような考えを奨励していることに感謝せねばならない。そして日本人が従来の方針を変更して、ヨーロッパのような政策を取ることのないよう努力しなければならない。人口が 多く、聡明で感受性が強く、模倣が上手で、忍耐強く勤勉な、この万事に長けた国民が、外国のものなら何でも模倣しようとし、わが ピョートル大帝ほどの君主をいだけば、日本が持つ能力や富源とあいまって、この国民は数年のうちに東洋の王者となるであろう。……

 しかし、海外のものならどんなものにも深い嫌悪の反応を示す日本や清国の政府も、現在の方針を変えることはあり得ないことではない。
両国が自ら望まなくても、必要に迫られてそのように仕向けられるようになるかもしれない。フォボストフのような攻撃がしばしば繰り返 されれば、おそらく国家をかき乱すこのような一握りの無法者を撃退するために、そのような対策を講じるようになるかもしれない。こう した事態に至れば、ヨーロッパに倣って軍艦を製造し、それがやがては艦隊となり、この方策が功を奏せば、同様に人類を絶滅に至らせる ほど開明化された”私達の他の手段をも採用するまでに至るであろう。
  このようにして、ピョートル大帝ほどの天才が介在しなくても、ただ情勢の赴くままに、ヨーロッパのあらゆる発明が徐々に日本に根付 いていくであろう。……それ故私は、この正義感が強く高潔な国民を怒らせるような真似は決してしてはならないと考える。…… 私は、日本人と清国人がヨーロッパ諸国のような方針を取り、直ぐさま私達の脅威になると述べているのではない。しかし、私達が子孫に 恥じるような真似はしないよう注意せねばならない」
                               『日本幽囚記 III 日本国と日本人論』 国民性、教育と言語


対日折衝記 一八一二年と1813年における日本沿岸航海と日本人との交渉
リコルド著 斉藤智之訳 A5版 改訂版第3刷 128 pp.  \756.-

「日本船の全乗組員は六十名ほどであったが、船長だけが私の元へ連れてこられた。彼の立派な絹服、刀、その他の容貌は、彼が相当な人物であることを指し示すものであった。私は直ぐに、彼を艦長室へ招き入れた。彼は私に充分な敬意を表して、日本流に挨拶した。私が危害を加えるつもりはないことを示すと、彼はいとも気軽に船室の椅子に腰を降ろした。それから私は、僅かではあるが良左衛門(レオンザイモ)から習い覚えた日本語で彼に質問した。彼は、名前が高田屋嘉兵衛(タカタイ カヒ)であること、職業は船頭船持ち(シンド フナモチ)であることを告げた。……」

捕らえられた艦長達の消息を聞き出そうと、副艦長リコルドは海上を通りかかった日本船を拿捕する。それに乗船していたのが高田屋嘉兵衛だった。 新資料を加えて改訂。

好評発売中 高田屋外交 ゴロヴニン事件解決後200周年記念版(もっと詳しく...)