>

公園 > 高田屋顕彰館Top > 21世紀を共に生きる皆様へ

カムチャツカ沿岸の
スループ艦ディアナ号

マリア・チホツカヤ(リコルド七代目子孫)
2009 サンクト・ペテルブルグ市立芸術学校

「ゴロヴニン事件」関係者子孫の再会と、偉大な祖先の名がナリチェボ自然公園の山に名付けられたのを記念して

2009.07.16

Я хочу, чтобы XXI век был эпохой устойчивых решений!

В своём послании к 12-ти летним детям Сиба Рётаро пишет, что XXI век будет эпохой, когда человечество сможет жить в гармонии. Трудно достигнуть её, но сохранить ещё сложнее. Если держать наш Земной шар доброй и открытой рукой, то после маленького отклонения он возвращается в исходное положение, к гармонии. Но если держать его закрытой рукой, то при малейшем движении он теряет равновесие и падает.

 

私たちの21世紀が、毅然とした決意の時代となることを願います。12歳の子供たちに向けた手紙の中で、司馬遼太郎は、21世紀は人類が調和の中で生きることができる時代となると書いています。それは困難な道のりではありますが、その願いを守り慈しむことは更に難しいことです。私達の地球を、善意ある開かれた手で支えるならば、たとえ小さな後退があったとしても、もとの状態、つまり調和へと戻すことができるでしょう。しかし、もし閉じた手で支えようとするならば、ほんのささいな動きでもバランスを欠き、それは壊れてしまうでしょう。
         (日本語訳 日露青年交流センター 林 さおり)