コオロコオロ、「国生み神話」の絵本










天(あま)の沼矛(ぬぼこ)で、


コオロコオロとかき混ぜ、


引き上げたところ、矛(ほこ)の先から、


ポトッ、ポトッ、ポトッと、したたり落ちたしずくが


固まり、島になりました。……


日本で最初に生まれた島、淡路島。


「古事記」や「日本書紀」に描かれた


国生み神話がすてきな絵本になりました。


作者のお1人、投石文子さんが作品に寄せられた


言葉を紹介させて頂きます。


この絵本をきっかけに、淡路島の子どもたちが、


さらに淡路島の豊かな歴史や風土に親しみ、


ますます「ふるさと淡路」を愛する心を育んで


くれることを願っています。



定価1200円(税込)


高田屋顕彰館〔菜の花ホール〕のお土産


コーナーで、御覧いただけます。


菜の花ホール | comments (0) | trackbacks (0)

トップ遊ぶ学ぶ体験する泊まる食べるくつろぐ宿泊予約総合案内周辺観光
園内マップブログ料金案内交通案内よくある質問お問い合わせサイトマップ