カフェオレ?カフェラテ?

 今回は、“普通のコーヒーとエスプレッソの違いについて”です。
 
 ☆作り方が違います☆
 普通のコーヒーとは従来から日本でおなじみの紙フィルターなどで濾して
つくる『ドリップコーヒー』のことですが、
 『エスプレッソ』とはイタリアから来たといわれるコーヒーの
 淹れ方で、高い圧力をかけて短時間で抽出するので、
 『エスプレッソ』マシーンで作ります。
 
 ☆豆が違う☆
 一般的に、ドリップには比較的浅煎りの豆(酸味が多く苦味が少ない)を
 使うのに対し、エスプレッソには深煎りの豆(酸味が少なく苦味が多い)
 を使います。
 
 ☆味が違う☆
 エスプレッソは濃く、旨みが凝縮され、カフェインが少ないコーヒーです。
 表面が細密な泡で覆われています。
 
 ☆量が違う☆
 エスプレッソは濃いので普通は小さいカップで飲みます。
 ちなみに、エスプレッソ専用のカップのことをデミタスカップと呼びます。
 フランス語で(demi)は『半分の』、(tass)は『コーヒーカップ』の
 ことで(demi-tass)とは『半分のカップ』ということです。

 ☆一般的にはミルクの量が違う☆
 ミルクの量は絶対にこの量ということはなく個人の好みで割合を変えます。
 お店によっても違いがあります。
 カフェオレの場合は通常コーヒー50%:ミルク50%で
 マイルドというか薄味です。
 カフェラテの場合はコーヒー20%:ミルク80%で
 エスプレッソが濃い味なので、コクがあって苦味があるけどほのかな
 甘みがあります。

 長々と書いてしまいましたが、いろいろ諸説ありますのでご参考までに!
浜千鳥 | comments (0) | trackbacks (0)

トップ遊ぶ学ぶ体験する泊まる食べるくつろぐ宿泊予約総合案内周辺観光
園内マップブログ料金案内交通案内よくある質問お問い合わせサイトマップ