七草粥で胃腸をひと休み・・・

新年明けましておめでとうございます。
みなさん、お正月はおせち料理やお雑煮などご馳走を食べ過ぎて体重が増えてしまったなんてことはないですか? 実は私もここ一週間で○kg太ってしまいました・・・。

そんな事はさておき、今日1月7日は「七草粥」を食べる日ですが、もう食べられましたか?
「セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ」と子供の頃に口ずさんだ方もいるでしょうね。七草は、早春に芽吹くことから邪気を払うと言われ、昔から1月7日の朝に無病息災を願って食べられていたそうです。しかし、最近ではこういった昔ながらの伝統も消えつつ、恥ずかしながら私もまだ食べたことがありません・・・。

そんな七草ですが、最近ではスーパーなどでも「七草粥セット」として手軽に買えるようになりました。しかし、ここ五色町では今でも山や野原に行くと七草が自生しているそうです。(私には全て同じ葉っぱにしか見えませんが・・・)
今年はご家庭で作って食べてみるのもいいですね。


               春の七草



でも作ってまでは・・・と言う方に、レストラン「浜千鳥」では7日8日限定でランチタイムに「七草粥」をご用意しました。お客様にも好評で、ビタミンたっぷりの七草粥で、少しは胃を休ませてあげられたのではないでしょうか。
私も人生初の七草粥を食べさせてもらいましたが、思ったよりクセもなく、とても美味しく頂きましたよ。
こういった日本の伝統行事、もっと大切にしたいですよね。

               七草粥






ちなみに、1月7日は人日(じんじつ)の節句ともいい、五つの節供(1/7人日の節句、3/3桃の節供、5/5端午の節供、7/7七夕の節句、9/9重陽の節供)の一つだそうです。また、「秋の七草」なんてのもあり、こちらは摘んで食べるのではなく、花を眺めて楽しむそうです。
その他 | comments (0) | trackbacks (0)

コメント

コメントフォーム

トラックバック


トップ遊ぶ学ぶ体験する泊まる食べるくつろぐ宿泊予約総合案内周辺観光
園内マップブログ料金案内交通案内よくある質問お問い合わせサイトマップ