「ロシア大使が見た日本 日本大使が見たロシア」写真展

1811年、江戸時代後期の北海道で起こったゴロヴニン事件。
本市出身の高田屋嘉兵衛は、この事件の解決に深くかかわり、世界史上にその名を残しました。

今年は、事件が解決した1813年からちょうど200周年となります。

ゴロヴニン事件解決後200周年を記念して、元駐露大使 野村一成氏、元駐日大使 アレクサンドル・パノフ氏による『ロシア大使が見た日本、日本大使が見たロシア』写真展を開催します。

ロシアの文化、日本の文化を垣間見れる写真など約50点が展示されています。ぜひご覧ください。

  【開催期間】平成25年7月13日(土)〜平成26年1月13日(月)

  【場  所】高田屋顕彰館・菜の花ホール回廊

        ※通常入館料でご利用いただけます。

DSC_0001.JPGDSC_0008.JPG
菜の花ホール | comments (0) | trackbacks (0)

コメント

コメントフォーム

トラックバック


トップ遊ぶ学ぶ体験する泊まる食べるくつろぐ宿泊予約総合案内周辺観光
園内マップブログ料金案内交通案内よくある質問お問い合わせサイトマップ