冬の温泉の入り方


寒さがひとしお身にしみるころとなりました。

この時期になりますと、湯船に浸かりすぎてのぼせたり、倒れたりする方も少しずつ増えてきました(・_・;)

そこで、今回のブログは冬の温泉の入り方について紹介します!
☆かけ湯
 かけ湯は足元から順に行い、身体を徐々に温泉の温度に慣らしましょう。
 出来れば、頭部にも十分なかけ湯をしてください。
 特に冬は温度差が激しいので、意識しましょう(*・∀・*)ノ


☆浸かり方
 最初は浴槽内の段に腰を掛け、半身浴から始めます(*・ω・)
 2〜3分この姿勢で身体を湯に慣らしましょう。
 そのあと、腰をずらして浮力で身体を浮かせます。
 浴槽の縁を枕にし、手足を伸ばしてリラックスして浸かりましょう。
 ※他のお客様の邪魔にならない程度にしましょう。


☆入浴時間
 額がほんのり汗ばんだら、身体が十分温まったサインです(*・v・*)b
 熱い湯に紅潮するまで浸からないと、身体が温まらないと思いがちですが、
 実は反対に湯冷めしやすいのです。
 額がほんのり汗ばんだら、湯船から出てしばらく休息し、また湯船に浸かります。
 この繰り返しを上限3回までにしてください。
 最初の1,2回は室内の浴槽(香料・薬湯風呂、ジェットバス等)を楽しみ、
 最後に露天風呂でのんびり温まるのもおすすめです☆


徐々に温度を慣らしていくことが大切です!

あがったあとは水分補給をし、ゆっくり休憩しましょう(o・∀・)b
ゆ〜ゆ〜ファイブ | comments (0) | trackbacks (0)

コメント

コメントフォーム

トラックバック


トップ遊ぶ学ぶ体験する泊まる食べるくつろぐ宿泊予約総合案内周辺観光
園内マップブログ料金案内交通案内よくある質問お問い合わせサイトマップ